ロードスター、買って乗って実感したこと

これは「一般道で運転を愉しめる」クルマだ

筆者が購入した新型ロードスター(筆者撮影)

筆者はこれまでに自動車関連の取材をする機会が何度かあった。趣味でモータースポーツに参加することも、しばしばある。しかし、基本は“一般的なクルマ好き”に過ぎない。ITやエレクトロニクスが専門のため、車の電装関連について話をすることはあっても、車体関係について記事を書くことはない。また、歴代ロードスターのファンでもないし、マツダというメーカーのファンというわけでもない。

ロードスターファンによる初期デリバリー車両の争奪戦が予想される新型を、なぜ試乗もできないようなタイミングで予約してまで購入したか。ひとことだけその理由を述べるなら、“比較すべき車がほかに存在しなかった”からだ。

ロードスターは2座のオープンカーであると同時に、スポーツカーでもある。人々がスポーツカーに求める要素はさまざまだが、絶対的な速さ(強烈な発進加速や中間加速、高速域での余裕)を求めるのであれば、ロードスターは向かない。パワフルさとそれに見合う車体設計という点では、自国に200km/hを越える速度を許容する高速道路を有するドイツメーカーが優位なことは間違いないだろう。

筆者も「GOLF V R32」のオーナーとして9年目を迎えているが、そのパワフルさとスタビリティ(安定性)の高さに感心したものだ。ドイツでのレビューツアーでは最新のGOLF 7 GTIでの高速移動も体験した

メーカーや車種によって程度の違いこそあれ、ドイツ製の高性能車が指向しているのは、世界中を見回しても例がない自国の高速道路網での性能、安全性だ。そのおかげで、低速度域での安心感も演出できていることは間違いないだろう。

日本の道路事情で「操る愉しみ」を感じさせる車

一方でスポーツカーには“操る愉しさ”も求められていると思う。真っすぐな高速道路を超高速で移動する能力だけではなく、車の姿勢を思いどおりに制御しながら発進し、減速し、向きを変え、加速し、停止する。一連の動作に対するフィーリングも重要だ。

実は9年目を迎えた前出の車種を買い換えるのではなく、1.5Lという小排気量(馬力もトルクも排気量も前車に比べ約半分)の新型ロードスターを“追加”しようという結論に達したのは、日本の道路事情や日常的に使う車として考えた際に、自分自身で“操る愉しみ”を感じさせる車がいいと考えたからだ。

そうした観点で言えば、新型ロードスターとほぼ同時期に発売されたホンダのS660、あるいはトヨタ/スバルの86/BRZもあるではないか、との声もあるだろう。そうした中からロードスターを選んだのは、夫婦2人が移動するのに充分な積載性を持ちつつ、スポーティなハンドリングを獲得するために重要な“軽さ”を考えてのことだ。

次ページ今回の買い物は正しかった?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT