オリンパスが90年代からの損失先送りを公表、不適切な買収を認める--高山修一社長記者会見一問一答


--森氏は、以前の会見ではウソをついていたことになる。

ジャイラスの買収がテーマで、損失先送りについては話題にならなかったと。
 
--なぜ先に言わない、などと聞かなかったのか。森氏の弁明は。

申し訳ないと。前回はジャイラスの処理に話が終始していたので説明しなかったと。
 
--菊川氏はどういっている。

森と話したすぐ後に話し、申し訳ないと。違法性は認識していたと思う。細かい内容は第三者委員会の調査報告と食い違うといけないので言えない。
 
--損失先送りは正確にはいつからか。

過去10年くらいの資料しか見ていないので分からないが、10年以上前からあったと思う。おそらく、かつて、円高が進むなどして利益が伸びず、日本企業一般が財テクに走った時期があり、そのころが最初ではないか。
 
--菊川氏以前も調査対象か。

おそらくそうなる。
 
--アドバイザーの関与は。

関与はあると思うが、第三者委員会で確認中。判明したら発表する。
 
--第三者委員会を設置したら問題が発覚したのに、なぜ今まで分からないのか。

当時の責任当事者が情報を出さなかったからだ。
 
--特別背任ではないか。個人にカネが流れているのでは。

わからない。これからの調査で明らかになると思うので公表する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT