オリンパスが90年代からの損失先送りを公表、不適切な買収を認める--高山修一社長記者会見一問一答


--ウッドフォード氏解任を取り消さないのはなぜか。損失を穴埋めした額は。

ウッドフォード氏解任の理由は、以前の説明どおり、社長としての資質を欠き、独断専行だったから。
 
 穴埋め額は、森の報告では本人も集計中であり把握していないとのことだ。第三者委員会にすべての資料を提供して調べていただき、結果を公表する。
 
--損失等の額を開示する義務はないのか。

第三者委員会に指示はできない。森の報告からは相当な額だとは思うが、現時点では言えない。
 
--責任者の刑事告発は。

必要があれば刑事告発する。第三者委員会の報告を受けて考える。
 
--高山氏やほかの役員の責任は。ウッドフォード氏は資金が不適切な先に流れたとも指摘している。

正式にはまた考えるが、3人の報告をもとに取締役としては適正だと判断した。第三者委員会の判断を待つ。また森によると資金は外に流れていない。第三者委員会に調査していただき、結果を発表する。
 
 内視鏡やカメラなどオリンパスの事業の価値は、こうなってもまったく毀損していない。社員、利用者、そのほか関係者に今以上の価値を提供するのが私の責任だ。
 
 株価を戻すという形で責任を果たす。現時点で辞任するつもりはない。
 
--損失を隠していたと言うことか。

そういわれても仕方がない。
 
--なぜ森氏は今になって報告したのか。

「実は…」という話だった。第三者委員会の調査を受けているうちにまずいと思い、社長に報告しようということのようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT