オリンパスが90年代からの損失先送りを公表、不適切な買収を認める--高山修一社長記者会見一問一答


--追加減損は必要ないか。

第三者委員会の報告にもとづいて判断する。
 
--高山氏が把握している数字だけでも開示できないか。

第三者委員会の調査に影響を与えることは言えない。
 
--第三者委員会の報告はいつ出るのか。

早くとは思っているが、調査内容も増えたことでもあり、いつまでにと交渉はしていない。
 
--会社の体質に問題はないか。

こんなことのない会社に変えたい。体質というより、異常なことを察知できないという能力の低さの問題。

--損失を先送りした理由は。

当時、損失の規模が大きかったため、明らかにすると会社への影響が大きいと考えたのだろう。
 
--損失を計上していたら債務超過か。

第三者委員会で調査委している。
 
--上場廃止に値するという認識は。当局の調査を受けているか。

東京証券取引所が調べる。当局からヒアリングなどはない。
 
--某証券会社およびそのOBの関与について。

そういうことが言われているのは知らなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT