世界最高齢の猫「コーデュロイ」は26歳!

アメリカ在住でチーズ好き

 8月13日、米オレゴン州で暮らすオス猫「コーデュロイ」が、26歳と13日で世界最高齢の飼い猫としてギネスに認定された。ギネス社提供(2015年 ロイター)

[13日 ロイター] - 米オレゴン州で暮らすオス猫「コーデュロイ」が13日、26歳と13日で世界最高齢の飼い猫としてギネスに認定された。

コーデュロイは、チェダーチーズとネズミ狩りが大好き。1日の大半は屋外で過ごすという。

飼い主のアシュリー・リード・オクラさんによると、長寿の秘訣は「猫らしくいさせてあげること」。自由に狩りをさせ、たくさんの愛情を注いでいるという。オクラさんは7歳の時にコーデュロイに出会った。

ギネス・ワールド・レコードによると、コーデュロイの前に世界最高齢の飼い猫と認定されていたサンディエゴの「ティファニー・ツー」は6月3日、26歳と204日で死んだ。

飼い猫の世界最高齢認定を受けるには、飼い主は何十年にも及ぶビデオ記録や目撃証言などの証拠を提出する必要がある。

*写真を添付します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。