世界最高齢の猫「コーデュロイ」は26歳!

アメリカ在住でチーズ好き

 8月13日、米オレゴン州で暮らすオス猫「コーデュロイ」が、26歳と13日で世界最高齢の飼い猫としてギネスに認定された。ギネス社提供(2015年 ロイター)

[13日 ロイター] - 米オレゴン州で暮らすオス猫「コーデュロイ」が13日、26歳と13日で世界最高齢の飼い猫としてギネスに認定された。

コーデュロイは、チェダーチーズとネズミ狩りが大好き。1日の大半は屋外で過ごすという。

飼い主のアシュリー・リード・オクラさんによると、長寿の秘訣は「猫らしくいさせてあげること」。自由に狩りをさせ、たくさんの愛情を注いでいるという。オクラさんは7歳の時にコーデュロイに出会った。

ギネス・ワールド・レコードによると、コーデュロイの前に世界最高齢の飼い猫と認定されていたサンディエゴの「ティファニー・ツー」は6月3日、26歳と204日で死んだ。

飼い猫の世界最高齢認定を受けるには、飼い主は何十年にも及ぶビデオ記録や目撃証言などの証拠を提出する必要がある。

*写真を添付します。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT