英ピアソン、エコノミスト株50%を売却へ

4.69億ポンド(7億3060万ドル)で売却

画像はThe Economistのトップページ

[ロンドン 12日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は12日、保有する英経済誌エコノミストの株式50%を4億6900万ポンド(7億3060万ドル)で売却することで合意した。

普通株については27.8%を、既存株主アニェッリ一族の投資会社でフィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソールに2億2750万ポンドで売却。残りはエコノミスト・グループが1億8200万ポンドで買い取る。

B種株式については全株をエクソールに5950万ポンドで売却するという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。