英ピアソン、エコノミスト株50%を売却へ

4.69億ポンド(7億3060万ドル)で売却

画像はThe Economistのトップページ

[ロンドン 12日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は12日、保有する英経済誌エコノミストの株式50%を4億6900万ポンド(7億3060万ドル)で売却することで合意した。

普通株については27.8%を、既存株主アニェッリ一族の投資会社でフィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソールに2億2750万ポンドで売却。残りはエコノミスト・グループが1億8200万ポンドで買い取る。

B種株式については全株をエクソールに5950万ポンドで売却するという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。