英ピアソン、エコノミスト株50%を売却へ

4.69億ポンド(7億3060万ドル)で売却

画像はThe Economistのトップページ

[ロンドン 12日 ロイター] - 英教育・出版事業大手のピアソン<PSON.L>は12日、保有する英経済誌エコノミストの株式50%を4億6900万ポンド(7億3060万ドル)で売却することで合意した。

普通株については27.8%を、既存株主アニェッリ一族の投資会社でフィアット・クライスラー・オートモービルズ<FCHA.MI>の主要株主でもある伊持ち株会社エクソールに2億2750万ポンドで売却。残りはエコノミスト・グループが1億8200万ポンドで買い取る。

B種株式については全株をエクソールに5950万ポンドで売却するという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT