消えたビットコイン、賠償請求はできるのか

ハッキングだとしても「役員の責任が問える」

ビットコインを消失したことによって受けた損害の賠償を、カルプレス容疑者に求めることができるのだろうか(写真 : MM4 / PIXTA)

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引仲介会社「マウントゴックス」のシステムを不正に操作して、口座の現金を水増ししたとして、フランス人のマルク・カルプレス社長が私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕された。

報道によると、カルプレス容疑者は、システム内にある自身の現金口座の残高を2回にわたり改ざんし、預金残高を総額100万ドル分、水増しした疑いがもたれている。カルプレス容疑者は「コインを購入できるかどうかを確認するテストだった」として、容疑を否認しているという。

ビットコイン大量消失との関係は?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

カルプレス容疑者は、2011年からマウントゴックス社を運営し、ビットコインと現金を交換するサービスを提供していた。一時は全世界の取引の約7割のシェアを占める最大手に成長した。

しかし、2014年2月に同社は経営破たん。カルプレス容疑者は65万ビットコイン(230億円相当)がハッキングによって消失したと発表していた。

警視庁は、カルプレス容疑者の不正操作と、ビットコインの大量消失との関連も調べているという。顧客は、ビットコインを消失したことによって受けた損害の賠償を、カルプレス容疑者に求めることができるのだろうか。金融の法律問題に詳しい桑原義浩弁護士に聞いた。

「まず、確認しておきたいのは、損害賠償の請求は、基本的には会社(マウントゴックス社)に対して行うものです。カルプレス氏に対しては、役員としての責任追及(損害賠償請求)をしていくことになります」

桑原弁護士はこのように述べる。

次ページ「ハッキングのせい」だった場合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。