明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

日本のソーシャルメディアの利用者は約2000万人で、全人口の16%程度と普及率は低い。さらにネット上にあふれるコメントにはノイズも多く、まだまだ過大評価はできないと著者は指摘する。それでも、生活者相手のコミュニケーションを考える際にソーシャルメディアは重要な存在だという。なぜならそれは社会や文化、流行、購買などに大きな影響を与える「関与する生活者」をつなげ、その行動を加速させるためのプラットフォームだからだ。

関与する生活者の共感をいかに獲得し、愛される企業になるか。ソーシャルメディアの登場で変わりつつある企業と生活者の関係を、フリーのコミュニケーション・ディレクターが解説する。

アスキー新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT