明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

日本のソーシャルメディアの利用者は約2000万人で、全人口の16%程度と普及率は低い。さらにネット上にあふれるコメントにはノイズも多く、まだまだ過大評価はできないと著者は指摘する。それでも、生活者相手のコミュニケーションを考える際にソーシャルメディアは重要な存在だという。なぜならそれは社会や文化、流行、購買などに大きな影響を与える「関与する生活者」をつなげ、その行動を加速させるためのプラットフォームだからだ。

関与する生活者の共感をいかに獲得し、愛される企業になるか。ソーシャルメディアの登場で変わりつつある企業と生活者の関係を、フリーのコミュニケーション・ディレクターが解説する。

アスキー新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。