明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

日本のソーシャルメディアの利用者は約2000万人で、全人口の16%程度と普及率は低い。さらにネット上にあふれるコメントにはノイズも多く、まだまだ過大評価はできないと著者は指摘する。それでも、生活者相手のコミュニケーションを考える際にソーシャルメディアは重要な存在だという。なぜならそれは社会や文化、流行、購買などに大きな影響を与える「関与する生活者」をつなげ、その行動を加速させるためのプラットフォームだからだ。

関与する生活者の共感をいかに獲得し、愛される企業になるか。ソーシャルメディアの登場で変わりつつある企業と生活者の関係を、フリーのコミュニケーション・ディレクターが解説する。

アスキー新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。