明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 佐藤尚之著

日本のソーシャルメディアの利用者は約2000万人で、全人口の16%程度と普及率は低い。さらにネット上にあふれるコメントにはノイズも多く、まだまだ過大評価はできないと著者は指摘する。それでも、生活者相手のコミュニケーションを考える際にソーシャルメディアは重要な存在だという。なぜならそれは社会や文化、流行、購買などに大きな影響を与える「関与する生活者」をつなげ、その行動を加速させるためのプラットフォームだからだ。

関与する生活者の共感をいかに獲得し、愛される企業になるか。ソーシャルメディアの登場で変わりつつある企業と生活者の関係を、フリーのコミュニケーション・ディレクターが解説する。

アスキー新書 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT