自治体クラウド 伊藤元規、榎並利博、高地圭輔著

自治体クラウド 伊藤元規、榎並利博、高地圭輔著

3月の大震災以後、企業ばかりでなく自治体でも、クラウドコンピューティングに対する認識は急速に高まりつつある。津波による住民台帳や医療情報などの流出は、復旧に膨大な時間と手間を要し、さらに停電の影響もあり、迅速な安否確認や救急治療、被災地支援に大きな遅延をもたらすことになった反省からだ。

本書は元総務省の地域情報政策室長と、自治体クラウドのコンサルティング事業者、研究者の三者共同執筆による。「クラウドとは何か」から説き起こし、総務省の全体戦略、京都市などの導入事例、導入手順、そして災害対策や共通番号導入にどうかかわるのかまで、網羅されている。難解なICT用語を排除した記述はわかりやすい。

システム担当者に丸投げしてしまいがちなICT戦略だが、もはやそういった甘えは許されない。政策立案・決定者が本当に必要なものは何かを考え、決定するための基本知識として一読の価値がある。

学陽書房 2520円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。