自治体クラウド 伊藤元規、榎並利博、高地圭輔著

自治体クラウド 伊藤元規、榎並利博、高地圭輔著

3月の大震災以後、企業ばかりでなく自治体でも、クラウドコンピューティングに対する認識は急速に高まりつつある。津波による住民台帳や医療情報などの流出は、復旧に膨大な時間と手間を要し、さらに停電の影響もあり、迅速な安否確認や救急治療、被災地支援に大きな遅延をもたらすことになった反省からだ。

本書は元総務省の地域情報政策室長と、自治体クラウドのコンサルティング事業者、研究者の三者共同執筆による。「クラウドとは何か」から説き起こし、総務省の全体戦略、京都市などの導入事例、導入手順、そして災害対策や共通番号導入にどうかかわるのかまで、網羅されている。難解なICT用語を排除した記述はわかりやすい。

システム担当者に丸投げしてしまいがちなICT戦略だが、もはやそういった甘えは許されない。政策立案・決定者が本当に必要なものは何かを考え、決定するための基本知識として一読の価値がある。

学陽書房 2520円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。