民間療法のウソとホント 蒲谷茂著

民間療法のウソとホント 蒲谷茂著

多種多様な「健康食品」が流通している。怪しげな健康食品をはびこらせないために監視の目も厳しくなっているが、はたして効能はどうか。

たとえば、国立健康・栄養研究所のデータベースによると、黒酢は食事の調味料として利用したほうがよさそう。グルコサミンは硫酸グルコサミンの場合、その摂取が骨関節炎にはおそらく有効とする一方で、糖尿病、高脂血症、高血圧のリスクのある人は注意しながら利用する必要があると指摘する。またコラーゲンは人での有効性について信頼できるデータは見当たらず、同時にアレルギーを起こす可能性があり、妊娠・授乳中は避けるべきともしている。

医学的データに基づき食品や療法の効き目を検証する。

文春新書 767円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。