退屈 ピーター・トゥーヒー著/篠儀直子訳

退屈 ピーター・トゥーヒー著/篠儀直子訳

「昼間の悪魔」とキリスト教が呼ぶ人類永遠のテーマ「退屈」を歴史的、哲学的、生物学的、そして文学や絵画に探ってみたらどうなるか。「実存の退屈」など形而上的で退屈な箇所もあるが、できるだけ具体的に話を持っていこうというところに著者の苦心がある。動物は退屈するのか。認知症と退屈は両立するのか。鬱(うつ)との関係は。そもそも生きるのに懸命なら退屈している暇などなさそうだが、イタリア南部で「終わりなき退屈から市民たちを救った執政官を讃える」古代の碑文が発見された一件からすると、それも怪しい。

退屈と時間の相関は絶対的かつ相対的で、多様性と肉体的・頭脳的活動は脳を刺激して退屈を追い払ってくれる、退屈は有益でもある、など議論の展開はかなり楽しめる。多面的にして微視的薀蓄(うんちく)で退屈させない章もあるにせよ、副題の「息もつかせぬその歴史」(原文はA Lively History)は誇大だという人もいるかもしれない。(純)

青土社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT