非常時とジャーナリズム 井上亮著

非常時とジャーナリズム 井上亮著

現在の世相は昭和前期と似ているという。当時の抵抗の言論人4人、石橋湛山、桐生悠々、清沢洌、菊竹六皷と、言論界最大の「戦争放火者」徳富蘇峰がいかなる言葉を残したのかをまとめる。

「勝たねば日本は滅びる、国家の生死存亡のために勝ち抜かねばならぬ」「勝ち抜くためには水にも入り、火にも入り、体当たりはもとより自爆もまた辞するところではない」「日本はすでに勝っている。勝ちつつある。攻めれば必ず取り、戦えば必ず勝つ」。徳富蘇峰は、現在の常識的な理性を持つ人間にはとても読めない『必勝国民読本』で、そう口述筆記させている。

非常時の昭和から何を学ぶか。何より道理を捨てた言論・報道を戒める。

日経プレミアシリーズ 914円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。