非常時とジャーナリズム 井上亮著

非常時とジャーナリズム 井上亮著

現在の世相は昭和前期と似ているという。当時の抵抗の言論人4人、石橋湛山、桐生悠々、清沢洌、菊竹六皷と、言論界最大の「戦争放火者」徳富蘇峰がいかなる言葉を残したのかをまとめる。

「勝たねば日本は滅びる、国家の生死存亡のために勝ち抜かねばならぬ」「勝ち抜くためには水にも入り、火にも入り、体当たりはもとより自爆もまた辞するところではない」「日本はすでに勝っている。勝ちつつある。攻めれば必ず取り、戦えば必ず勝つ」。徳富蘇峰は、現在の常識的な理性を持つ人間にはとても読めない『必勝国民読本』で、そう口述筆記させている。

非常時の昭和から何を学ぶか。何より道理を捨てた言論・報道を戒める。

日経プレミアシリーズ 914円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT