昭和30~40年代生まれはなぜ自殺に向かうのか 小田切陽一著

昭和30~40年代生まれはなぜ自殺に向かうのか 小田切陽一著

日本の自殺者は1998年に急増し、その後も年間3万人を超える。この深刻な事態に、国も2006年に自殺対策基本法を制定するなど対策に乗り出した。

予防医学の専門家として自殺予防に取り組む著者は、自殺の実態を読み解く重要なキーワードの一つに「世代」を挙げる。この10年の間に昭和30年代以降に生まれた世代の自殺リスクが上昇していると指摘しつつ、社会を支える働き盛りの世代で自殺リスクが増大していることは看過できない問題だと、その対策の重要性を訴える。

世代間の自殺率の比較、地域差、男女差など自殺の隠れた実態に迫り、地域の保健課題として地域住民を中心とした予防策を提言する。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT