もうダマされないための「科学」講義 菊池誠ほか著

もうダマされないための「科学」講義 菊池誠ほか著

科学を上手に使うにはどうすべきか。現代人の思考や社会生活は、自然科学の知見を抜きにして語ることは不可能だとしながら、そのことが逆にえせ科学を生み出していると説く。たとえば、科学的根拠がないのに、都合のいい統計だけを抜き出して効能をうたう怪しい健康食品などは、その最たるもの。そうした情報にだまされないためのリテラシーが伝授される。

今回の東日本大震災で広まったデマに関しても、科学的に検証。そこから科学とは何かをも問う。研究者、評論家、ジャーナリスト、出版関係者などがアカデミズムとメディアジャーナリズムのよりよい関係の構築を目指す集団・シノドス。そのセミナーの一つを書籍化した。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT