インド財閥のすべて 躍進するインド経済の原動力 須貝信一著

インド財閥のすべて 躍進するインド経済の原動力 須貝信一著

中国とともに、躍進し続けるインド経済。その中でも、GDPの6~7割を支えているといわれるのが、インド商人たちが築き上げてきたこの国の財閥である。

19世紀、英国の植民地政策の下、東インド会社や英国資本系巨大企業に囲まれながら、財閥はいかにして発展していったのか。その後、第2次世界大戦後の独立と社会主義混合経済の中で、財閥はどう変化していったのか。その起源から現在に至るまでの足跡と、財閥の実態、裏側などを分析している。

今をときめくインド最大のタタ財閥、復活を狙うビルラ財閥、急成長を続けるリライアンス財閥など、個々の財閥の詳細なプロフィールも掲載されている。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。