インド財閥のすべて 躍進するインド経済の原動力 須貝信一著

インド財閥のすべて 躍進するインド経済の原動力 須貝信一著

中国とともに、躍進し続けるインド経済。その中でも、GDPの6~7割を支えているといわれるのが、インド商人たちが築き上げてきたこの国の財閥である。

19世紀、英国の植民地政策の下、東インド会社や英国資本系巨大企業に囲まれながら、財閥はいかにして発展していったのか。その後、第2次世界大戦後の独立と社会主義混合経済の中で、財閥はどう変化していったのか。その起源から現在に至るまでの足跡と、財閥の実態、裏側などを分析している。

今をときめくインド最大のタタ財閥、復活を狙うビルラ財閥、急成長を続けるリライアンス財閥など、個々の財閥の詳細なプロフィールも掲載されている。

平凡社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。