インド財閥のすべて 躍進するインド経済の原動力 須貝信一著

インド財閥のすべて 躍進するインド経済の原動力 須貝信一著

中国とともに、躍進し続けるインド経済。その中でも、GDPの6~7割を支えているといわれるのが、インド商人たちが築き上げてきたこの国の財閥である。

19世紀、英国の植民地政策の下、東インド会社や英国資本系巨大企業に囲まれながら、財閥はいかにして発展していったのか。その後、第2次世界大戦後の独立と社会主義混合経済の中で、財閥はどう変化していったのか。その起源から現在に至るまでの足跡と、財閥の実態、裏側などを分析している。

今をときめくインド最大のタタ財閥、復活を狙うビルラ財閥、急成長を続けるリライアンス財閥など、個々の財閥の詳細なプロフィールも掲載されている。

平凡社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT