精神科医が診た「外交敗戦」 和田秀樹著

精神科医が診た「外交敗戦」 和田秀樹著

外交が心理戦であることは否定できない事実だが、日本はその観点からの努力をほとんどしていない。相手国首脳の情報収集も、ましてやろくな分析もせずに、首相や外相が思いつき的あるいは感情爆発的な発言を繰り返す。情報ゼロで建前と本音の使い分けすらできない政治家が外交という戦争に勝てるはずがない。以上の視点に立って、心理学の専門家である著者は米中ロと日朝韓の指導者たちの言動をコフートの精神分析理論でさばいてみせ、狙いや思惑を推断する。

自身の政治基盤が強化されるかどうかが決定的に重要で、ために「マッチョ的」態度で国民のナショナリズムに迎合し、かつ経済リアリズムを追求する外交。その戦いで勝利するには心理戦に対応するシンクタンクを作れと提言している。北方領土、尖閣、竹島、普天間をめぐる「断定的」分析は鋭く面白い。といってすべてそのとおりとは言いがたいのではあるが、問題提起自体は重要である。(純)

光文社 1260円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。