文部科学省が新潟県・秋田県の放射能汚染の航空機測定結果を発表、新潟県の群馬・福島・山形県境沿いで高めの放射線量

文部科学省が新潟県・秋田県の放射能汚染の航空機測定結果を発表、新潟県の群馬・福島・山形県境沿いで高めの放射線量

文部科学省は、10月12日、新潟県・秋田県の放射線航空機測定の結果を発表した。これにより、福島ほか12都県全域の航空機測定の結果が明らかになった。

今回発表されたデータでは、新潟県で、米どころとして知られる魚沼地方など群馬・福島・山形県境沿いを中心に高い濃度の放射性セシウムの沈着があり、それにより高めの空間放射線量が計測されている。

改めて広範囲に放射能汚染が拡大していることがよくわかる。

文部科学省による航空機測定は引き続き、岩手県、青森県、富山県、石川県、長野県、福井県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県でそれぞれ実施され、結果が公表される予定だ。

■各地の空間線量率


■各地の土壌のセシウム沈着量

(出所:文部科学省 写真:東京電力)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。