文部科学省が新潟県・秋田県の放射能汚染の航空機測定結果を発表、新潟県の群馬・福島・山形県境沿いで高めの放射線量

文部科学省が新潟県・秋田県の放射能汚染の航空機測定結果を発表、新潟県の群馬・福島・山形県境沿いで高めの放射線量

文部科学省は、10月12日、新潟県・秋田県の放射線航空機測定の結果を発表した。これにより、福島ほか12都県全域の航空機測定の結果が明らかになった。

今回発表されたデータでは、新潟県で、米どころとして知られる魚沼地方など群馬・福島・山形県境沿いを中心に高い濃度の放射性セシウムの沈着があり、それにより高めの空間放射線量が計測されている。

改めて広範囲に放射能汚染が拡大していることがよくわかる。

文部科学省による航空機測定は引き続き、岩手県、青森県、富山県、石川県、長野県、福井県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県でそれぞれ実施され、結果が公表される予定だ。

■各地の空間線量率


■各地の土壌のセシウム沈着量

(出所:文部科学省 写真:東京電力)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT