デザインの教科書 柏木博著

デザインの教科書 柏木博著

デザインとは何か。近代以前の社会ではデザインは職業や階級制度の記号でもあった。どのような衣服を身につけ、どんな日用品を使い、どういった住まいで生活するのかは自由に決められなかった。19世紀に入り、社会システムの変化に伴ってデザインも旧制度から解放される。市場経済のシステムに委ねられた現代のデザインは新しい生活様式を提案し、消費への欲望を喚起するものになった。

著者はこうした歴史をひもときながら「誰もが等しく望む自由で心地良い環境を生み出すことの実践としてある」のがデザインだと言う。 社会的にもデザインに対する意識が高まる中で、制作側ではなく使い手の生活を通してデザインを論じる。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT