渋沢栄一 社会企業家の先駆者 島田昌和著

渋沢栄一 社会企業家の先駆者 島田昌和著

近代日本の実業界のリーダーとして活躍した渋沢栄一(1840~1931)。おびただしい数の会社経営にかかわる一方で、経済・政策に関して積極的に提言を行い、実践にも移した。

76歳を期に第一銀行頭取を退き、実業界を引退後、三つの問題に精力的に取り組んだ。竜門社などを通じた「道徳経済合一説」の普及、修養団体の支援、「資本と労働の調和」を目指す協調会の設立とその後の活動支援、さらに「細民救恤(きゅうじゅつ)手段の統一」として、養育院をはじめとする社会福祉事業を生涯をかけて手掛けていく。

営利、非営利を問わぬ「社会企業家」の先駆者として、渋沢の多彩な経済活動と社会活動の動機を明らかにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT