渋沢栄一 社会企業家の先駆者 島田昌和著

渋沢栄一 社会企業家の先駆者 島田昌和著

近代日本の実業界のリーダーとして活躍した渋沢栄一(1840~1931)。おびただしい数の会社経営にかかわる一方で、経済・政策に関して積極的に提言を行い、実践にも移した。

76歳を期に第一銀行頭取を退き、実業界を引退後、三つの問題に精力的に取り組んだ。竜門社などを通じた「道徳経済合一説」の普及、修養団体の支援、「資本と労働の調和」を目指す協調会の設立とその後の活動支援、さらに「細民救恤(きゅうじゅつ)手段の統一」として、養育院をはじめとする社会福祉事業を生涯をかけて手掛けていく。

営利、非営利を問わぬ「社会企業家」の先駆者として、渋沢の多彩な経済活動と社会活動の動機を明らかにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。