「楽観的」というだけで、10年も寿命が伸びる

NHK「白熱教室」が迫る脳科学の最前線

1960年代、ロバート・ヒース博士は、さまざまな精神疾患の患者の脳に電極を埋め込む実験を世界で初めて行いました。その被験者のひとり、24歳の青年「B-19」は重度の抑うつ症でした。彼は毎日のように自殺願望にさいなまれ、喜びが感じられなくなっていたのです。ヒース博士は彼の脳のあちこちに電極を埋め込み、電流を流してどんな気分がするか尋ねました。

ほとんどの場所では何も起きませんでした。しかし脳の「側坐核」という小さな場所を電流で刺激されたときには、B-19は「気持ちよくて、暖かい感じがする」と言い、自慰や性交をしたい、という欲求を感じたのです。

これによって、側坐核が快感をもたらし、一時的に憂うつを晴らす場所だということが明らかにされました。

私は、この側坐核を中心とした回路こそが「楽観脳」の中心部だと考えているのです。

楽観脳と悲観脳のバランスが大事

上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

現代ではもちろん人の脳に電極を刺して実験することはできません。代わりに私たちが用いるのが、脳画像を撮影できる「MRI」や脳波測定です。私はこれらの機器を用いた実験で、楽観脳についてのある事実を確かめました。

講義でも詳しくお話しするその事実とは、「楽天家は同時に刺激を好む」ということです。楽観主義の人は、快楽や興奮を追い求める度合いが強く、強烈で激しい経験を好みます。そして、刺激的な経験のためなら危険を冒すこともいといません。

そうした人々は楽観脳の回路が強く働いていることが、現代の脳計測技術でも実証されはじめているのです。

彼らも、楽観的な修道女やエジソンのように長寿と成功が約束されているのでしょうか? 実は必ずしもそうではありません。楽観的なあまり、ドラッグや危険な冒険、興奮を追い求め過ぎて危険に身をさらしてしまうことは、楽観主義のデメリットともなるのです。

大事なのはバランスです。

楽観脳は確かに、長寿と成功に影響します。しかしそれは同時に、「悲観脳」がバランスよく危険を察知して、あまりに刺激や興奮を追求しすぎないように制御するからでもあるのです。

講義では、楽観脳と悲観脳のバランスがとれた本当の楽観主義と、それをどうやって身につければいいのか、考えていきましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT