ソーシャルメディアマーケティング最前線《上》--進むソーシャルメディアマーケティング


 さて、一口にソーシャルメディアといっても、そのサービスはさまざまです。

そこでコミュニケーションの質を軸に、ソーシャルメディアを分類してみました。縦軸はテキスト主体の情報発信であるか、もしくは動画をはじめとしたリッチコンテンツ主体の情報発信であるかを表しています。横軸は、ユーザーとの双方向のコミュニケーションが主体であるか、一方的な情報発信が主体であるかを示しています。

このように、ソーシャルメディアによって得意とするコミュニケーションの質が異なります。そのため企業がソーシャルメディアを活用する際にも、チャネルごとのコミュニケーション特性を踏まえて、どのマーケティングステップにどのソーシャルメディアを組み込んでいくのが最適かをプランニングしていく必要があります。

ソーシャルメディアにおけるマーケティングステップは基本的に、「ブランド認知」→「ブランド理解」→「購買誘引」→「関係性構築」の順に進んでいきますが、高額商品や購入までの検討期間の長いものに関しては、「関係性構築」を経て、「購買誘引」にいたるものもあります。

ここで、主要ソーシャルメディアであるツイッター、ユーチューブ(YouTube)、フェイスブックの3つについて、それぞれ企業活用パターンをみていきたいと思います。

企業のツイッター活用パターン

ツイッターの特長は、リアルタイムに不特定多数へ向けた情報発信が行えることにあります。また、ユーザーからユーザーへと、情報が即時に拡散することに加えて、ユーザーとの双方向のコミュニケーションも図れることも大きなポイントです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。