ソーシャルメディアマーケティング最前線《上》--進むソーシャルメディアマーケティング


 さて、一口にソーシャルメディアといっても、そのサービスはさまざまです。

そこでコミュニケーションの質を軸に、ソーシャルメディアを分類してみました。縦軸はテキスト主体の情報発信であるか、もしくは動画をはじめとしたリッチコンテンツ主体の情報発信であるかを表しています。横軸は、ユーザーとの双方向のコミュニケーションが主体であるか、一方的な情報発信が主体であるかを示しています。

このように、ソーシャルメディアによって得意とするコミュニケーションの質が異なります。そのため企業がソーシャルメディアを活用する際にも、チャネルごとのコミュニケーション特性を踏まえて、どのマーケティングステップにどのソーシャルメディアを組み込んでいくのが最適かをプランニングしていく必要があります。

ソーシャルメディアにおけるマーケティングステップは基本的に、「ブランド認知」→「ブランド理解」→「購買誘引」→「関係性構築」の順に進んでいきますが、高額商品や購入までの検討期間の長いものに関しては、「関係性構築」を経て、「購買誘引」にいたるものもあります。

ここで、主要ソーシャルメディアであるツイッター、ユーチューブ(YouTube)、フェイスブックの3つについて、それぞれ企業活用パターンをみていきたいと思います。

企業のツイッター活用パターン

ツイッターの特長は、リアルタイムに不特定多数へ向けた情報発信が行えることにあります。また、ユーザーからユーザーへと、情報が即時に拡散することに加えて、ユーザーとの双方向のコミュニケーションも図れることも大きなポイントです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。