ソーシャルメディアマーケティング最前線《上》--進むソーシャルメディアマーケティング


 さて、一口にソーシャルメディアといっても、そのサービスはさまざまです。

そこでコミュニケーションの質を軸に、ソーシャルメディアを分類してみました。縦軸はテキスト主体の情報発信であるか、もしくは動画をはじめとしたリッチコンテンツ主体の情報発信であるかを表しています。横軸は、ユーザーとの双方向のコミュニケーションが主体であるか、一方的な情報発信が主体であるかを示しています。

このように、ソーシャルメディアによって得意とするコミュニケーションの質が異なります。そのため企業がソーシャルメディアを活用する際にも、チャネルごとのコミュニケーション特性を踏まえて、どのマーケティングステップにどのソーシャルメディアを組み込んでいくのが最適かをプランニングしていく必要があります。

ソーシャルメディアにおけるマーケティングステップは基本的に、「ブランド認知」→「ブランド理解」→「購買誘引」→「関係性構築」の順に進んでいきますが、高額商品や購入までの検討期間の長いものに関しては、「関係性構築」を経て、「購買誘引」にいたるものもあります。

ここで、主要ソーシャルメディアであるツイッター、ユーチューブ(YouTube)、フェイスブックの3つについて、それぞれ企業活用パターンをみていきたいと思います。

企業のツイッター活用パターン

ツイッターの特長は、リアルタイムに不特定多数へ向けた情報発信が行えることにあります。また、ユーザーからユーザーへと、情報が即時に拡散することに加えて、ユーザーとの双方向のコミュニケーションも図れることも大きなポイントです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT