ソーシャルメディアマーケティング最前線《上》--進むソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティング最前線《上》--進むソーシャルメディアマーケティング

ツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)など、ネット上の利用者同士のつながりを基盤としたサービス、「ソーシャルメディア」が急速に普及しています。このソーシャルメディアはマーケティングのツールとして非常に熱い注目を集めていますが、この連載では、ソーシャルメディアを利用したマーケティングについて、最新事例を交えてご紹介していきます。

第1回は、ソーシャルメディアマーケティングが求められるようになった背景を振り返るとともに、ソーシャルメディアごとの特性に合わせた活用方法について概論します。

消費者のコンタクトポイントの変化

昨今、メディアのデジタル化が加速する中、生活者のコンタクトポイントに変化が生じています。

博報堂DYメディアパートナーズ・メディア環境研究所の2011年メディア定点調査によれば、直近5年間で、マス媒体の接触時間がほぼ横ばいから下降傾向にあるなかで、パソコンや携帯電話からのインターネット利用時間は経年で大きく増加しています。


 なかでも、ソーシャルメディアのユーザー数は、年々増加しています。

11年8月度のニールセン・ネットレイティングスの調査によると、ソーシャルメディアの利用者数(訪問者数)は、ミクシィ(mixi)が1492万人、ツイッターが1496万人という結果が出ています。また11年9月のフェイスブックのプレスリリースによると、日本国内のフェイスブックの月間アクティブユーザー数は500万人を突破したということです。

このように生活者のメディア接触行動が変化し、ソーシャルメディアの存在感が増す中で、企業はソーシャルメディア上にもコンタクトポイントを設ける必要性に迫られることになったのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。