ソーシャルメディアマーケティング最前線《上》--進むソーシャルメディアマーケティング


企業のYouTube活用パターン

ユーチューブの特長は、当然ながら、誰でも動画の配信ができることです。プラットフォームの性質上、動画を介したブランド認知(投稿型キャンペーンなど)やブランド理解(自社サイト開設など)に最も効果を発揮するといえます。

■ブランド認知(投稿型キャンペーン)における活用事例:ロッテ「Fit’s ダンスコンテスト」

国内のユーチューブマーケティングの成功事例として、最も有名なのは「Fit's」のダンスコンテストキャンペーンでしょう。これはYouTube上でユーザーによるダンスの投稿を募り、再生回数ランキングを競うコンテスト型のキャンペーンです。

ロッテでは、「ガム離れ」の進む若年層をターゲットにガムの興味喚起を図ることを目的に、 「Fit’s」のコミュニケーション戦略を組みました。「仲間とゆるくつながっていたい」という若者の心理をつく形で、商品自体の訴求ではなく、「ゆるい」歌とダンスを流行らせ、間接的にガム市場全体の底上げを目指しました。

キャンペーンサイトでは、CMの楽曲ダウンロードができるほか、ダンスレクチャームービー、振り付け説明図、ダンスのサンプル動画などが提供され、それを参考にしてユーザーが応募しやすい仕組み作りが整えられていました。加えて、歌とダンスがソーシャルメディアでの情報拡散を促進し、総再生回数2100万回以上に上りました。これは企業のスポンサーチャンネルとして全世界1位の記録となっています。


■ブランド理解(自社サイト)における活用事例:Boone Oakley

Boone Oakleyは米国ノースカロライナ州の広告代理店です。この会社の公式ホームページはユーチューブ(http://www.youtube.com/watch?v=Elo7WeIydh8)に用意されています。動画を再生すると、4つのメニューがあらわれ、それをクリックすると対象のコンテンツページに遷移します。第2階層以下もYouTube上に用意されています。この仕組み自体がクリエイティブで、広告業界の専門メディアやブログなどにも多く紹介され、企業ブランディングに貢献した事例といえます。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。