フレーミング 「自分の経済学」で幸福を切りとる タイラー・コーエン著/久保恵美子訳

フレーミング 「自分の経済学」で幸福を切りとる タイラー・コーエン著/久保恵美子訳

インターネットに詳しい人は、本書タイトルから、相手を激高させることを目的に発信される掲示板の書き込みやネットワーク上でのけんかがテーマと、誤解するかもしれない。気鋭の経済学者が論じるのは「自分で作る認知の組み合わせ」のこと。シャーロック・ホームズも、グレン・グールドも、アダム・スミスも、ウォーレン・バフェットも、その達人だという。

人はそれぞれにバイアスがあるからこそ、自分にとって価値ある情報を選べる。基準として何を取るかで判断は大きく変わるので、そのバイアスを持って情報の小さなピースを上手に集め、「自分の世界」を作る。そうすれば、複雑極まりない世の中も楽しく生きていける、と説く。

しばしば引用されるのが、自分の関心のある分野で情報を体系化しようとする、自閉症のよき側面。その認知面での強みを取り入れた過ごし方こそ、情報洪水の現代社会での上手な生き方と伝授してくれる。

日経BP社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。