お買い物の経済心理学 何が買い手を動かすのか 徳田賢二著

お買い物の経済心理学 何が買い手を動かすのか 徳田賢二著

買い手と売り手が互いに恵み合う、値頃感の原点に立ち戻れば、日本は消費不況から抜け出せるのではないか、と著者は考える。

ブランド物付録付き女性誌は本体の値頃感を上げているかどうかの分析では、女性誌の場合、本体、付録のどちらが「おまけ」かわからないと見立てて、認知心理学的な問題と判断する。立派すぎるおまけは、ただで配る付録なのだから、明確な付加価値なしではいけない。おまけは「価値が明確であること」と「立派すぎないこと」が必要で、雑誌の価値を食ってしまうことは、結果として値頃感を下げてしまうと判定する。

経済学の知見を基に売り買いの原理を読み解き、賢い買い方へと消費者を案内する。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。