お買い物の経済心理学 何が買い手を動かすのか 徳田賢二著

お買い物の経済心理学 何が買い手を動かすのか 徳田賢二著

買い手と売り手が互いに恵み合う、値頃感の原点に立ち戻れば、日本は消費不況から抜け出せるのではないか、と著者は考える。

ブランド物付録付き女性誌は本体の値頃感を上げているかどうかの分析では、女性誌の場合、本体、付録のどちらが「おまけ」かわからないと見立てて、認知心理学的な問題と判断する。立派すぎるおまけは、ただで配る付録なのだから、明確な付加価値なしではいけない。おまけは「価値が明確であること」と「立派すぎないこと」が必要で、雑誌の価値を食ってしまうことは、結果として値頃感を下げてしまうと判定する。

経済学の知見を基に売り買いの原理を読み解き、賢い買い方へと消費者を案内する。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT