人はなぜだまされるのか 石川幹人著

人はなぜだまされるのか 石川幹人著

たとえば、写真の中の風景の一部や建物の一部が、まるで人の顔のように見えたことはないだろうか。これは、人間の知覚が、「顔」に敏感に反応するようにできているからだ。かつて、天敵の顔を素早く認識する必要があったために、進化の過程で私たちに備わった能力といえる。

このように、人間が自然環境や社会集団の中で円滑に生きるための機能として、進化の歴史を通じて獲得してきた能力を研究するのが、近年話題の「進化心理学」である。

本書では、科学者である著者が人間特有の「誤り」や「だまし」といった具体例を「進化心理学」に基づいて分析、そこから現代という「ストレス社会」を生き抜く知恵なども伝授してくれる。

講談社ブルーバックス 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。