人はなぜだまされるのか 石川幹人著

人はなぜだまされるのか 石川幹人著

たとえば、写真の中の風景の一部や建物の一部が、まるで人の顔のように見えたことはないだろうか。これは、人間の知覚が、「顔」に敏感に反応するようにできているからだ。かつて、天敵の顔を素早く認識する必要があったために、進化の過程で私たちに備わった能力といえる。

このように、人間が自然環境や社会集団の中で円滑に生きるための機能として、進化の歴史を通じて獲得してきた能力を研究するのが、近年話題の「進化心理学」である。

本書では、科学者である著者が人間特有の「誤り」や「だまし」といった具体例を「進化心理学」に基づいて分析、そこから現代という「ストレス社会」を生き抜く知恵なども伝授してくれる。

講談社ブルーバックス 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT