世界を知る力 日本創生編 寺島実郎著

世界を知る力 日本創生編 寺島実郎著

今、日本人に問われているのは、「根拠のない自己過信」や「無原則な一億総懺悔」ではなく、筋道立った思考の再起動であると著者は言う。

たとえば原子力を見捨てない理由は三つ。一つは、日本は核を保有しない国として唯一「核燃料サイクル」を国際社会から許されており、純粋に平和利用の分野でコントロールできるなら、世界から核兵器を廃絶するために、技術を劣化させてはならないから。二つ目は、アジア地域のエネルギー安全保障に対する影響力の確保のため。第三は、神をもおそれぬ技術に手を染め、パンドラの箱を開けてしまった以上、粛々として結末を制御する意思を持ちたいから。

「日本創生」の視座を歴史意識と地政学から示す。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。