世界を知る力 日本創生編 寺島実郎著

世界を知る力 日本創生編 寺島実郎著

今、日本人に問われているのは、「根拠のない自己過信」や「無原則な一億総懺悔」ではなく、筋道立った思考の再起動であると著者は言う。

たとえば原子力を見捨てない理由は三つ。一つは、日本は核を保有しない国として唯一「核燃料サイクル」を国際社会から許されており、純粋に平和利用の分野でコントロールできるなら、世界から核兵器を廃絶するために、技術を劣化させてはならないから。二つ目は、アジア地域のエネルギー安全保障に対する影響力の確保のため。第三は、神をもおそれぬ技術に手を染め、パンドラの箱を開けてしまった以上、粛々として結末を制御する意思を持ちたいから。

「日本創生」の視座を歴史意識と地政学から示す。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。