世界を知る力 日本創生編 寺島実郎著

世界を知る力 日本創生編 寺島実郎著

今、日本人に問われているのは、「根拠のない自己過信」や「無原則な一億総懺悔」ではなく、筋道立った思考の再起動であると著者は言う。

たとえば原子力を見捨てない理由は三つ。一つは、日本は核を保有しない国として唯一「核燃料サイクル」を国際社会から許されており、純粋に平和利用の分野でコントロールできるなら、世界から核兵器を廃絶するために、技術を劣化させてはならないから。二つ目は、アジア地域のエネルギー安全保障に対する影響力の確保のため。第三は、神をもおそれぬ技術に手を染め、パンドラの箱を開けてしまった以上、粛々として結末を制御する意思を持ちたいから。

「日本創生」の視座を歴史意識と地政学から示す。

PHP新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT