日本の証券業界の見通しは引き続きネガティブ《ムーディーズの業界分析》


 こうした背景から、格付け対象の証券会社は現在、コスト削減を急速に進めている。10年度に純損失を計上した証券会社は、余剰機能の削減、レイオフ、人員の配置転換による国内業務の整理など、大幅なリストラ策を実施している。そうした施策は最終的にコスト構造の改善につながるとみられるものの、コスト削減だけでは十分に収益性を確保できない可能性があることが懸念される。

図1:純営業収益(主要5社の合計)

[+]画像拡大

図2:純利益(主要5社の合計)

[+]画像拡大

国内株式市場は回復力が弱く、成長機会も限定的であることから、格付け対象の日本の証券会社はいずれも海外業務(特にアジアでの業務)の拡大を模索している。アジアにおける収益成長余力は中長期的に大きいが、競争は熾烈であり、日本の証券会社が安定的で十分な収入を確保し、強固な海外営業基盤を構築する能力については疑問が残る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT