日本の証券業界の見通しは引き続きネガティブ《ムーディーズの業界分析》


 一方、プラス面として、格付け対象の日本の証券会社の自己資本および流動性は全般的に良好であり、それがセクター全体の信用力を支える一因となっている。また、格付け対象の証券会社は、流動性の低い資産の圧縮を重点的に行ってきているため、向こう1年間に、そうした資産から多額の損失が発生する可能性は限定的である。

図3:構造的な流動性(2011年3月31日時点)

[+]画像拡大

格付け対象

日本には現在、許認可を受けた証券会社が293社あり、それらは大きく次の4つのグループに分けられる。すなわち、(1)野村ホールディングス(野村)や大和証券グループ本社(大和)といった大手独立系証券会社、(2)SMBC日興証券(SMBC日興)、三菱UFJ証券ホールディングス(三菱UFJ証券)、みずほ証券といった銀行系証券会社、(3)シティグループ証券(CGMJ)といった外資系証券会社、(4)松井証券といったオンライン証券会社である。

ムーディーズは現在、野村、大和、SMBC日興、三菱UFJ証券、みずほ証券、CGMJに格付けを付与している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT