日本の証券業界の見通しは引き続きネガティブ《ムーディーズの業界分析》


 次表のとおり、野村と大和はBaa格である一方、国内銀行グループの証券子会社の格付けはA1からA2のレンジとなっている。この差は主に、大規模な国内銀行グループの証券子会社の格付けに織り込まれているノッチアップ分によるものであり、これはストレスにさらされた場合に、親銀行からサポートが提供されるであろう、というムーディーズの見方を反映している。そのサポートの可能性は、親銀行または兄弟銀行からのキープウェル契約に裏付けられている。しかし、これらの証券子会社の単体ベースにおける信用ファンダメンタルズ(営業基盤、財務内容等)は、全般的に野村や大和より弱いとムーディーズは見ている。

表1:格付け対象の発行体

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT