仏教漢語50話 興膳宏著

仏教漢語50話 興膳宏著

何の気なしに使っている言葉が意外な来歴を持っていることがある。たとえば「玄関」。これは仏教用語で禅宗の経典でよく使われる言葉だという。そもそもは「奥深い関門」の意味で、唐の時代には現代のように「家屋の入り口」という具体的な場所を示す言葉としても使われるようになっていたらしい。

インドで起こった仏教は仏典の漢訳によって中国に広まり、やがて朝鮮半島や日本へと伝えられた。伝来の歴史の中で仏教に由来する数多くの漢語が生まれたが、今では仏教本来の意義から離れ日本語として定着しているものも多い。人間、愛、因縁、我慢、睡眠、道楽など、50の言葉を取り上げ、その語源や意味をやさしく解説する。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT