仏教漢語50話 興膳宏著

仏教漢語50話 興膳宏著

何の気なしに使っている言葉が意外な来歴を持っていることがある。たとえば「玄関」。これは仏教用語で禅宗の経典でよく使われる言葉だという。そもそもは「奥深い関門」の意味で、唐の時代には現代のように「家屋の入り口」という具体的な場所を示す言葉としても使われるようになっていたらしい。

インドで起こった仏教は仏典の漢訳によって中国に広まり、やがて朝鮮半島や日本へと伝えられた。伝来の歴史の中で仏教に由来する数多くの漢語が生まれたが、今では仏教本来の意義から離れ日本語として定着しているものも多い。人間、愛、因縁、我慢、睡眠、道楽など、50の言葉を取り上げ、その語源や意味をやさしく解説する。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。