新・堕落論 石原慎太郎著

新・堕落論 石原慎太郎著

東日本大震災に関して「天罰だと思う」などと発言し批判された東京都知事が、ことの真相を語った。

敗戦から65年続いてきた平和によって、日本民族は堕落してしまったと説く。

米国という間接的な支配者の下に甘んじて国防を放棄し、国民はひたすら金銭欲、物欲、性欲の三つの“我欲”ばかりを追い求めてやまない。今回の震災は、そうして堕落した民族に対する天罰だというのだ。

米国の「核の傘」の下の平和のうそを暴き、日本も核保有するためのシミュレーションぐらいはやるべきだとも述べている。

日本という国が、今ここにある危機を超克するために何をなすべきかを問う。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。