経営戦略の教科書 遠藤功著

経営戦略の教科書 遠藤功著

グローバル競争が加速し、環境が激変する今、多くの日本企業は経営戦略の見直しを迫られている。鮮度の高い新たな戦略をどう立案するか。事例と理屈(理論)と道具(フレームワーク)の3要素がかみ合ったとき、生きた戦略が導き出せると著者は言う。

フレームワークを使って現状を整理する際に大事なのは、そこから何を発想するかだ。著者は逆読みを心掛け、たとえば「SWOT分析」では、「弱み」こそ「強み」にならないか、「機会」は本当に「機会」なのか、「脅威」は「機会」ととらえられないかなど、あえて逆の発想で考えようと努めているという。

経営戦略=仮説は「生き物」と考えるビジネススクール教授の全18回の講義集。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?