経営戦略の教科書 遠藤功著

経営戦略の教科書 遠藤功著

グローバル競争が加速し、環境が激変する今、多くの日本企業は経営戦略の見直しを迫られている。鮮度の高い新たな戦略をどう立案するか。事例と理屈(理論)と道具(フレームワーク)の3要素がかみ合ったとき、生きた戦略が導き出せると著者は言う。

フレームワークを使って現状を整理する際に大事なのは、そこから何を発想するかだ。著者は逆読みを心掛け、たとえば「SWOT分析」では、「弱み」こそ「強み」にならないか、「機会」は本当に「機会」なのか、「脅威」は「機会」ととらえられないかなど、あえて逆の発想で考えようと努めているという。

経営戦略=仮説は「生き物」と考えるビジネススクール教授の全18回の講義集。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。