(第72回)大学キャリアセンター/就職部の現状1

 

●半数近くが学内セミナー/説明会の強化を希望

学内セミナー/説明会の実施時期だが、2011年卒に関しては最も多いのが、「学部3年、修士1年の1月~3月」だ。続いて「学部3年、修士1年の10月~12月」、「学部3年、修士1年の4月~6月」の順になっている。大規模校ほど、その後も継続して開催していることがわかる。

ただしこれまでの経験は、12月に本格スタートする2013年卒採用に生かすことはできない。日本経団連の倫理憲章改訂によって、12月より前には採用を前提にした企業広報が禁じられているからだ。

図表7:学内企業セミナー実施時期(2011年3月卒業生向けの実施実績)


また、今後学内セミナーを「増やすかどうか」についてのアンケートでは45%が「増やす」、「現状のまま」が41%であり、大勢としては合同説明会の強化の方向にある。大規模校ほどその意向が強いようである。企業からすれば、これまで参加できなかった大学の学内セミナーへ参加しやすい環境となってきたといえよう。

図表8:学内企業セミナーの今後の方向性

 

HRプロ株式会社(旧社名:採用プロドットコム)
(本社:東京千代田区、代表取締役:寺澤康介)
人事のプロを支援するポータルサイト「HRプロ」を運営。新卒/中途採用、教育・研修、労務、人事戦略などの業務に役立つニュース、ノウハウ、サービス情報、セミナー情報を提供している。HR担当者向けのセミナーも東京・大阪で開催している。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT