原発事故が子どもに強いる厳しい生活、郡山市で「安心して遊べる場」が大盛況

原発事故が子どもに強いる厳しい生活、郡山市で「安心して遊べる場」が大盛況

「校庭での活動はいっさいなく、公園には近寄らないようにさせている。それでも小学校1年生の長女は文句も言わずに我慢している。1歳8カ月の長男は、しょっちゅう『お散歩』『お散歩』と外に出たいそぶりを見せる。何もしてあげられないのが歯がゆい」。福島県郡山市に住む女性(39)が話す。
 
 保護者同士で顔を合わせるたびに「子どもの体調は大丈夫?」「体力は落ちていない?」といった会話になるという。

「少しでも安心して遊ばせたい」との思いから、今年の夏休みは2人の子どもを連れて大阪府の実家で過ごした。その間、夫(42)は、郡山の自宅で単身生活。「夏休みに家族で一緒に過ごすことができなかったのが寂しかった」と夫は話す。

福島第一原子力発電所の爆発事故をきっかけに、福島県内では子どもの屋外活動に深刻な制約が出ている。比較的高い値の放射線量が計測された郡山市は、保育園での屋外活動について、低年齢児(0~2歳児)で1日15分以内、3歳以上で30分以内に制限している。



■放射線を避けるため、子どもは屋内で一日を過ごす(郡山市立大成保育所)


 だが、外で遊ばせることに対する保護者の懸念が強く、多くの保育園では屋外活動自体を見合わせている。

郡山市の南西部に位置する市立大成保育所でも、原発事故以来、屋外活動を実施していない。原発事故以前であれば、近所の神社の境内で外遊びをしたが、今年は神社に近づくこともない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT