原発事故が子どもに強いる厳しい生活、郡山市で「安心して遊べる場」が大盛況


 表土を2度にわたって削り取ったことで、園庭の放射線量はそれ以前の1.5マイクロシーベルト/時から現在、0.2マイクロシーベルト程度まで下がっているが、外遊びの再開はできていない。
 
 「9月の敬老の日前後には子どもたちが特別養護老人ホームに出向いてお年寄りと交流してきたが、今年は外出を見合わせているため、プレゼントを贈ることにとどめざるをえない」(増子としい・大成保育所所長)。園庭にあるプールも水が抜かれたままだ。



■今年はプールでの水遊びは中止(郡山市立大成保育所)


 制約がある中で、大成保育所では、遊びの機会の確保に知恵を絞っている。年に3回実施しているサッカー教室は、遊戯室を使って実施。水遊びの代わりに、牛乳パックで作った竹に見立てた流し筒を水道につなげ、そうめんになぞらえたテープを流して、食べるまねごとをした。

「こうした活動を記したお便りは、普段の年よりも多く保護者向けに差し上げている」(増子所長)。

大成保育所では、懸命な除染活動が続けられている。午前7時半、早番で出勤した職員は放射線測定装置で放射線を測定。子どもが登園を終えた9時半には高圧洗浄機で玄関の床に着いた汚れを押し流す。そして午後のお昼寝の時間も、職員が除染活動に汗を流す。子どもが帰宅した後には、放射線量の記録をノートにまとめている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT