やっぱりあの鉄道が日本一の「海路線」だった

これが海を臨む日本の車窓ベスト10だ

第8位:肥薩おれんじ鉄道~八代海、天草灘

グルメ列車の先駆者であるのが、九州の肥薩おれんじ鉄道の「おれんじ食堂」。食事をしながらの列車旅は極上のひとときを演出してくれる。もっとも、普通の列車に乗っても、八代海や天草灘の地形を忠実にたどる線路からの眺め、とりわけ夕日は何度通っても飽きることがない。

海岸線を走る列車といえば、波打ち際ぎりぎりのところを走る路線が多く、目線がかなり低くなっている。そんな「常識」を破った路線が四国の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線だ。

窓のない展望通路のあるユニークな列車

第9位:土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線~太平洋

太平洋の海岸線近くを高架で走るのが実に斬新である。やや海を見下ろすように走る列車。

しかも、ホテルやマンションのベランダのように列車のサイドに設置された窓のない展望通路があるオープンデッキ車両がユニークだ。

「やたろう」「しんたろう」という愛称付きの列車で、潮風を直接浴びながらの旅は新鮮そのものだ。各駅に立っているオリジナルキャラクターも楽しい。

第10位:釧網本線~オホーツク海

日本を取り巻く海で忘れていたのがオホーツク海だ。北海道の北東部の海岸線で、かつてはいくつものローカル線が沿岸を走っていた。そのほとんどが廃止され、今残っているのは釧網本線の網走~知床斜里間のみである。幸い原生花園や北浜あたりの情景は、天候がよくない日には寂寥感溢れた独特の情緒を醸し出し、最果ての旅情を味わうには捨てがたい魅力となる。

この連載の過去記事はこちら

わが国は、四方を海に囲まれた島国であるので、海岸線の車窓には事欠かない。他にも忘れがたい車窓は多々あるのだが、今回は以上をベスト10としたい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT