二千円台で宿泊「カプセルホテル」安さ以外の魅力 おしゃれで清潔、睡眠解析も…いつの間にか超進化

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
ナインアワーズ
『ナインアワーズ名古屋駅』のカプセルスペース(写真:ナインアワーズ提供)
各ビジネスホテルの代名詞的なサービス・設備を紹介し、その奥にある、経営哲学や歴史、ホスピタリティまでを紐解いていく連載「ビジネスホテル、言われてみればよく知らない話」。
第12・13回は前後編で、カプセルホテル『ナインアワーズ』の「安さ」以外の魅力を深掘り。その奥にある、ブランド理念や経営姿勢を紐解いていく。

円安の影響でインバウンドは増える一方だ。政府観光局によると、2024年4月の訪⽇外客数は304万2900人。前年同月⽐で56.1%増加している。喜ぶべきことかもしれないが利用者の増加に伴い、ホテルの宿泊料金も右肩上がりに。そんな中で、低料金で泊まれるカプセルホテルの需要が高まっている。

なかでも好調なブランドがナインアワーズだ。都内を中心に13ホテルを展開し、稼働は9割以上をキープ。2024年5月度は、対2019年度実績で145%を記録した。なぜナインアワーズが選ばれるのか。1泊2000円台~という価格は大きいが、理由はそれだけではない。

世界が認めたデザイン性が欧米人を魅了

ナインアワーズの大きな特徴が、ユニークかつスタイリッシュな設計デザインだ。欧米のライフスタイル誌、デザイン誌などにもしばしば取り上げられており、2010年にはグッドデザイン賞金賞と、アジアデザインアワードの大賞・金賞・文化特別賞も受賞している。

【画像】最安2000円台から宿泊可!おしゃれで清潔、睡眠データまで取ってくれる…カプセルホテル「ナインアワーズ」の様子(15枚)
次ページ実際のカプセルホテルの様子がこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事