住生活グループ新社長に藤森義明氏が就任、米GEのキャリア生かしグローバル企業への変革急ぐ


--日本国内の需要は好転しているものの、資源価格の上昇など環境は厳しい。

日本国内だけを見ると、確かに圧迫要因のほうが多い。コスト高の一方、住宅着工件数が年間80万戸を割るなど、市場は伸びていない。既存のビジネスだけを考えると、コストダウンしない限り理想の利益は出ない。
 
 だが、環境や電力問題への意識の高まりを受けて、自然エネルギーを取り入れて電力を節約できる家など、新しい住宅まわりのビジネスには拡大余地がある。ビルも含めて、生活空間でゼロエネルギーホームといったコンセプトが実現できれば、といった新しいビジネスを追求したい。

--海外への展開はアジアが中心か。

アジアには10カ国があり、われわれの製品群もサッシ、ドア、トイレ、キッチンなど数えると10くらいある。国ごとに展開している製品を10×10のマトリックスで考えたとき、まだ埋まっているのは10~15%程度にすぎない。逆に言えば、それだけ埋める余地があるということ。
 
 それができていない理由はいろいろあるが、人材と数百億円の資金が必要。日本国内で体力を強くしてマトリックスを埋める作業を進めたい。それだけの資金力を持つのは、この業界では住生活グループくらいしかない。

--国内でのさらなるM&Aの可能性は。

「業界の統合は始まったばかり」と潮田会長も言っているが、序盤戦といっていいだろう。日本のみではなく、世界の統合が進んでいくと考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT