住生活グループ新社長に藤森義明氏が就任、米GEのキャリア生かしグローバル企業への変革急ぐ


--GEでは新しい仕事に就いてからほぼ3年で結果を出して次の仕事に移る、というサイクルだったというが、住生活でも3年間で結果を出すということか。

まず、3~4カ月くらいのうちには今までと違う独自の策が打ち出せるようにしたい。ただ、これまでに作り上げたものを根底から覆すということはない。
 
 現時点での最優先課題は統合を完成させること。統合して1つの会社になることが大事。その一方で、海外への投資はもっと力を入れるべきだと考えている。
(勝木 奈美子 =東洋経済オンライン)

◆住生活グループの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT