エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰著

エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰著

3・11の東日本大震災による福島第一原発事故をきっかけに、太陽光発電などの再生可能エネルギーの本格導入を求める声が高まっている。一方で、現在の技術ではコストが高く安定性の低い再生可能エネルギーで原発を代替しようとすれば、日本経済が崩壊すると危惧する専門家も少なくない。著者は現実的な選択肢として、天然ガスの積極活用と、エネルギー源の地域分散、多様化を提言する。

ドイツの太陽光発電割合は1%、エネルギー全体から見ると電力消費は2割にすぎないなど、新聞記者を経て石油公団で資源開発に携わったエネルギーアナリストが、エネルギー論争の陥穽(かんせい)を検証し、歴史とデータから問題の本質を説く。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT