エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰著

エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰著

3・11の東日本大震災による福島第一原発事故をきっかけに、太陽光発電などの再生可能エネルギーの本格導入を求める声が高まっている。一方で、現在の技術ではコストが高く安定性の低い再生可能エネルギーで原発を代替しようとすれば、日本経済が崩壊すると危惧する専門家も少なくない。著者は現実的な選択肢として、天然ガスの積極活用と、エネルギー源の地域分散、多様化を提言する。

ドイツの太陽光発電割合は1%、エネルギー全体から見ると電力消費は2割にすぎないなど、新聞記者を経て石油公団で資源開発に携わったエネルギーアナリストが、エネルギー論争の陥穽(かんせい)を検証し、歴史とデータから問題の本質を説く。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。