エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰著

エネルギー論争の盲点 天然ガスと分散化が日本を救う 石井彰著

3・11の東日本大震災による福島第一原発事故をきっかけに、太陽光発電などの再生可能エネルギーの本格導入を求める声が高まっている。一方で、現在の技術ではコストが高く安定性の低い再生可能エネルギーで原発を代替しようとすれば、日本経済が崩壊すると危惧する専門家も少なくない。著者は現実的な選択肢として、天然ガスの積極活用と、エネルギー源の地域分散、多様化を提言する。

ドイツの太陽光発電割合は1%、エネルギー全体から見ると電力消費は2割にすぎないなど、新聞記者を経て石油公団で資源開発に携わったエネルギーアナリストが、エネルギー論争の陥穽(かんせい)を検証し、歴史とデータから問題の本質を説く。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT