通貨戦国時代 円高が続く本当の理由 小口幸伸著

通貨戦国時代 円高が続く本当の理由 小口幸伸著

通貨戦争とは穏やかではない表現だが、現実に通貨の世界は戦争状態だというのが、国際投資アナリストである著者の見解だ。

グローバル化が進んだ現在の世界経済の中で、各国は為替レートを自国に有利なように導く政策を遂行する。すると不利益を被った他国もまた、為替レートを自国に有利になるような政策で対抗する。この応酬が、やがて双方の経済を疲弊させていくというのである。もちろん、日本円とて無縁ではない。

人民元切り上げをめぐる米中の攻防はどうなるのか。影響力に陰りが見えつつあるドル基軸通貨体制の行方は。各国の通貨とその戦略を交えながら、円はどう戦っていけばいいのかを展望する。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。