通貨戦国時代 円高が続く本当の理由 小口幸伸著

通貨戦国時代 円高が続く本当の理由 小口幸伸著

通貨戦争とは穏やかではない表現だが、現実に通貨の世界は戦争状態だというのが、国際投資アナリストである著者の見解だ。

グローバル化が進んだ現在の世界経済の中で、各国は為替レートを自国に有利なように導く政策を遂行する。すると不利益を被った他国もまた、為替レートを自国に有利になるような政策で対抗する。この応酬が、やがて双方の経済を疲弊させていくというのである。もちろん、日本円とて無縁ではない。

人民元切り上げをめぐる米中の攻防はどうなるのか。影響力に陰りが見えつつあるドル基軸通貨体制の行方は。各国の通貨とその戦略を交えながら、円はどう戦っていけばいいのかを展望する。

朝日新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。