たんぱく質入門 どう作られ、どうはたらくのか 武村政春著

たんぱく質入門 どう作られ、どうはたらくのか 武村政春著

筋肉、爪、髪の毛、皮膚から唾液に至るまで人の体はたくさんの種類のタンパク質でできている。さらにインフルエンザウイルスをやっつけるのも、食べ物を消化するのもタンパク質であり、人はほとんどタンパク質の塊といってもいい。その一方で、人の体にどれだけの種類のタンパク質があり、それぞれがどういう働きをしているのか完全にはわかっていない。

タンパク質が初めて発見されてから2世紀。生物教育教材や生徒実験の開発研究を専門とする大学准教授が、未解明な部分も多いこの生体・化学物質について栄養学と生化学の両面からアプローチし、作られ方から構造、性質、遺伝や病気まで、不思議な世界をわかりやすく解説する。

講談社ブルーバックス 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。