TKO木本、投資トラブルを起こした「40代の焦り」 そこそこ売れてても「妙な不安」に支配されていた

拡大
縮小

そして、オーディション当日、与えられた課題はまさに『てっぱん』の台本を読んで演技するというものでした。セリフが頭に残っていた僕は、ある役柄について台本をいっさい見ずに演じることができました。それが功を奏したかどうかは不明ですが、『ごちそうさん』という大阪放送局制作の朝ドラに、主人公の夫の上司役での出演がかなったのです。

最高の役者デビューを果たすも「妙な不安」

朝ドラが大好きだった僕の祖母もことのほか喜んでくれました。視聴率もよかったので、役者・木本武宏のデビューとしては最高でした。ドラマ業界でも注目される作品でしたから、この出演をきっかけに民放のドラマや、映画にもお声がけいただけるようになりました。

芸人と役者。この2本柱でやっていければ、釣り合いが取れるんじゃないかと考えていました。

一方で、僕の中には「演技の世界で生きるのは恐れ多い」という気持ちがありました。

「お笑いで仕事ができているからこそ、呼んでくれてんねんで」という現実。畑違いの人間をたまたまおもしろがってもらっているだけだと思っていました。たとえば「俺、お芝居一本でやるわ」となったら、一気に需要がなくなるに違いないのです。

現状はあくまでも間に合わせで、木本武宏のプレゼン手段として「お笑いと演技」の両翼でやっているだけでした。「本物の演技力がない」という化けの皮が剝がれたとき、「細い柱しか残らへんな」となんだか妙な不安を感じました。

細い柱しかなければ、収入が不安定になることは明白です。そうなったときに、芸能界の中の立ち位置などの見栄の部分よりも「どうやって老後をすごすんやろ」という現実的なことばかりが頭に浮かびます。仕事はちょっとずつ減り出している。でも、ギャラはアップしていない。しかも仕事の質も落ちてきている。

「50歳にまだタッチしていないのにこの状態やったら、50歳になったときにはもっと顕著に影響が出るんやろな」

税理士さんからも「なにか事業をやってください」と急かされていました。僕は友人の助けをかりて、ちっちゃな映像制作の会社を作りましたが、趣味の延長みたいなもので、収入の柱にはなりません。事業をやるといっても、そこそこ忙しいので、専念する時間はとても作れそうにありませんでした。

「柱になるものはないか、なにが柱になるんだろう」

と、焦る気持ちが積み重なっていった中で、暗号通貨に出会い、大物芸能人の現実を聞いて、「投資しかない」と思い込むようになっていったのです。

次ページ「投資の扉」は「転落への扉」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT