怖かった街「立川」を変貌させた"大家"企業の正体 商業施設が続々開業、住みたい街にランクイン

拡大
縮小
立川
立川駅前を走行する多摩都市モノレール(筆者撮影)

春は新生活スタートの季節でもある。進学や就職でそれまで暮らした土地を離れて新たな場所に移り住む人もいるだろう。各種の「住んでみたい街」ランキングでは、首都圏の場合、横浜や吉祥寺のように昔から人気の街もあれば、近年人気が高まった例もある。

そのひとつが「立川」だ(東京都立川市。同市の人口は約18万5000人/2024年3月1日現在)。調査によって順位は変わるが、例えば「住みたい街(駅)ランキング2023」(首都圏総合・都県別。2023年9月、長谷工アーベスト調べ)では6位だった。

玄関口である立川駅は乗降客数も多いターミナル駅で、同駅周辺は、東京・多摩地区で有数の繁華街だ。一方で「昔は怖い街」「長年、通過される存在だった」という声も聞く。東京都下では町田や八王子と比較されることも多い立川は、現在、どんな状況なのか。

「街の活性化」「にぎわい」を掲げて地域の再開発に取り組む地元企業、立飛ホールディングス(立飛HD)の村山正道社長に聞いた。

この記事の画像を見る(7枚)

市の面積の4%を持つ“立川の大家”

2月7~8日、将棋の王将戦(第4局)対局場となったのが立川市の「オーベルジュ ときと」だ。藤井聡太八冠が4連勝で七番勝負を制して王将戦3連覇を果たしたが、「ときと」は昨年開業したばかりの施設。もともと当地で長年営業していた料亭「無門庵(むもんあん)」跡を、立飛HDが取得。立飛グループは2020年開業の「ソラノホテル」も所有・運営しており、2021~2023年の王将戦第4局は同ホテルが対局場となった。

「オーベルジュ ときと」の入り口は「無門庵」の門構えを再生した(2023年4月、筆者撮影)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT