津波浸水対策は万全か、動きだす災害拠点病院

津波浸水対策は万全か、動きだす災害拠点病院

大規模な自然災害から医療施設を守る──。

東北の被災3県にある病院の多くは、東日本大震災に伴う津波で、壊滅的な被害をもたらされた。全壊または一部損壊したのは、全体(20床以上)の8割に当たる、約300拠点。「被災地で機能を果たした石巻赤十字病院は、5年前に移転していなかったら壊滅だった。老朽化した病院を免震構造に改修しても、水没したら元も子もないことは、この震災の教訓だ」(防災専門家)。

国の中央防災会議は、東海・東南海・南海に及ぶ「三連動地震」の震源域を、静岡県沖から高知県の足摺岬沖、さらに九州の日向灘沖まで、約750キロメートルに延長した。大震災並みのマグニチュード9クラスの揺れによって、過去最大級の津波が起きると想定。全国に約600ある災害拠点病院や救命救急センターが、津波のような大災害にどれだけ余裕を持って対処できるか、定かでない。

厚生労働省によれば、災害拠点病院と救命救急センターの耐震化率は、2009年度上半期で62・4%(図)。10年度に71・5%まで向上させる目標を掲げ、達成したもようだが、いまだ100%には及ばないうえに、津波は対象外。厚労省医政局は、「三連動地震で個々の病院を検証するところまで手が回らない。中央防災会議の基本計画見直しを待って、津波などへの措置が取られるかどうか見る」と述べ、中央政府による対応の鈍さが懸念される。

ここ数年、災害拠点病院や救命救急センターは、厚労省や総務省による潤沢な補助金の恩恵を受け、耐震改築や新築が進んだ。が、「カネを使い切れていないのが実情」(医業コンサルタント)との声も一方ではあり、11年度補正予算に追加の措置は盛り込まれなかった。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?