海外で学ぶ中国人留学生、渡航先が多様化の背景 ドイツ、イタリア、マレーシアなどの人気が上昇

✎ 1〜 ✎ 1406 ✎ 1407 ✎ 1408 ✎ 最新
拡大
縮小
海外の高等教育機関で学ぶ中国人留学生の総数は100万人を超える(写真はイメージ)

海外で学ぶ中国人留学生の渡航先が多様化を見せている。その一方、受け入れ側の国によってはインドやベトナムなどからの留学生が急増し、中国人留学生の数を上回りつつある――。

中国のシンクタンク、全球化智庫(CCG)が先ごろ発表した「中国留学発展報告書」の最新版から、そんなトレンドが明らかになった。

報告書によれば、海外の大学以上の高等教育機関で学ぶ中国人留学生の総数は、2021年には102万1000人に上った。2019年の106万1500人よりは若干減少したものの、世界の留学生全体の約16%を占めており、出身国別で第2位のインド(約8%)に大きく水を空けている。

留学先の国別ではアメリカ、イギリス、オーストラリア、日本、韓国などで、2022/2023学年度の留学生に占める中国人の比率がトップだった。

留学費用の安さが呼び水に

注目されるのは、中国の学生の間で「以前は留学先として比較的ニッチだった国を視野に入れる流れが強まっている」という報告書の指摘だ。

具体的には、ドイツ、イタリア、アイルランド、スウェーデンなどのヨーロッパ諸国やロシア。さらに、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」の沿線国であるマレーシア、タイなどの国々に留学する中国人学生が増えているという。

これらの留学先に共通するのは、学費や生活費などの負担が(相対的に)小さいことだ。例えばドイツは、他のヨーロッパ諸国と同様に、ほとんどの公立学校の授業料が無料となっている。さらに、2020年からは「高考(ガオカオ)」と呼ばれる中国の大学統一入学試験の成績を申告することで、ドイツの大学や大学院に留学申請できるようになったことも大きい。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT