”復活”日本−−日中韓・造船三国志【中】

長く忘れ去られていた造船産業が“沸騰”している。空前の受注を積み上げ、韓国・中国は造船能力の拡大に猛ダッシュ。が、独り日本は動かない。“最強”のコスト力を回復した余裕か、トラウマの呪縛か。大ブームの“向こう側”の海図は見えない。

(週刊東洋経済2月2日号より)

(【上】より続く)
 昨年末、佐世保重工業の設備は経済産業省から「産業遺産」に指定された。ドックは海軍工廠以来の代物だし、250トンクレーンは大正時代に導入した英国製だ。「遺産」をだましだまし使いながら、同社の07年9月中間期の営業利益率は12・2%。ピカピカの最新鋭設備で固めたサムスンの営業利益率5・2%(07年第3四半期)をはるかに上回る。住友重機械の船舶部門に至っては18%という数字をたたき出した。

日本の強さの秘密は三つある。

第1は、モノ作りの「選択と集中」だ。もはや、日本のお家芸は高付加価値船ではない。日本が選んだのは、バルカー(バラ積み貨物船)や中型タンカーだ。とりわけ、「バカ・バルカー」と称され、新興造船所の“入門編”とされるバルカーが全生産量の6割を占める。それも、仕様を統一した「標準船」を連続建造する。もともと、バルカーは構造が単純なうえ、「標準船」なら基本設計は同じ。手間が二重に省け、ドックの回転率も生産性も向上する。

LNG船・VLCCも手掛ける“総合デパート”の三井造船でも、独自開発の標準船「56BC」(5・6万トンのバルカー)が累計120隻を受注し、記録的なヒットとなった。「高付加価値船とは」と岩崎民義常務が言う。「利益をもたらす船のこと。標準船が“安かろう悪かろう”と言われたのは昔話。世界の顧客のニーズを総合し、高いレベルで統一する。これが三井のブランド戦略」。

秘密の第2は、要素価格の絶対的な安さだ。まず厚板価格。韓国勢は厚板を国内で賄えず、スポット価格で輸入せねばならない。需給逼迫下、日本勢のヒモ付き価格に比べスポット価格は1~2割高い。船舶は材料費率が7割だから、この差は大きい。

賃金も、今や韓国のほうが高い。韓国は毎年、4~7%の賃上げを実施し、デフレ下の日本はほぼ横ばい。「97年ごろは韓国は日本の6~7割の水準だったが、それから向こうは倍増。ウォン高もあり、大手の初任給も韓国が上」が日本側の実感だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。