メタボは自然界では想定されていない--『生物学的文明論』を書いた本川達雄氏(東京工業大学大学院生命理工学研究科教授)に聞く

──好きを尊重する風潮があります。

過度だと思って「好き好き至上主義」と命名している。子どもに対しても、自分の好きなことをやるのが自己実現だとし、好きなことをやりなさいと仕向けるのがはやりだ。嫌いだと思っていたものでも、付き合ってみれば気づかなかった別の面が見えてくるものだ。当座役に立たなくても、すぐには選別せず、トータルで付き合うのが大事であることは、生物が教えてくれている。寄生虫を駆除したからアレルギーやアトピーがはやり、過度の「きれい社会」が未知の菌の跳梁(ちょうりょう)を許して、新たな食中毒の原因になったりしているのかもしれない。人間の都合と社会の安定性は別問題だ。

──食べ物にも偏りがあります。

人間のメタボは自然界では想定されていない。今ほどに食べ物が豊かにあることはありえなかった。だから人体は、食べ物が足りないことを想定して、血糖値を上げるホルモンはいくつも分泌されるようになっている。ところが、下げるホルモンはインシュリン一つだけしかない。体自体は、糖尿病が国民病になるなどと考えていないつくりになっている。

今や飽食ぶりは極まった。カネを出せば買えると、内外から食料をかき集め、24時間提供している。そして、賞味期限が来れば廃棄する。たとえば、1膳分のご飯を作るのに、実は風呂おけ2杯半の水が必要なのに、やすやすと捨てもする。今のような状況は、便利といいつつ、不幸せなことをやっているのかもしれない。

いつでもどこでも好きなことをやることが自己実現ではない。好きなことができるのは、エネルギーや水が無制限に使えると思っているからだ。

──資源不足として、水にも焦点を当てていますね。

生物をつくっている材料はほとんどが水。生物の世界は丸くて湿っていて柔らかいものが大勢だ。皮という膜で包まれて、中に水がチャポチャポ入っている。基本的に水っぽければ、化学反応が起こりやすい。それだ、生物では化学反応が活発に起こる。

その水が世界で足りない。コンビニ弁当を捨てれば、大量の水を捨てていることにもなる。日本のように雨のよく降る国が、水がないと困っている国から食料を輸入して、結局浪費しているとすれば、道義上も許されない。自国の水を遊ばせておくとすれば、犯罪行為とさえいえる。水が生物の根源であることから見てもおかしいあり方だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。