急速に進化を遂げる中国の金融システム--ハワード・デイビス ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス前学長

近年、中国の金融制度の進化には驚くべきものがある。私は中国銀行業監督管理委員会(CBRC)の国際諮問委員会の一員として、中国の金融システムの変革を目の当たりにしてきた。

2002年当時、中国のすべての主要銀行は巨額の不良債権を抱えていた。その額が総資産の10%超に及ぶ銀行もあり、BIS(国際決済銀行)のバーゼルIの自己資本規制を満たしている銀行は1行もなかった。ロンドンやニューヨークの金融家で、中国銀行以外の銀行名を言える者はほとんどいなかった。

それから10年も経たないうちに、状況は大きく変わった。不良債権問題は、資産管理会社を設立し、そこが疑わしい債権を銀行から引き継ぎ、商業銀行に新たな資本を注入することで解決された。現在公表されている不良債権は総資産の1%を少し上回る程度だ。中国の4大銀行は時価総額で世界の上位10行に入っており、分厚い自己資本をベースに海外進出を進めている。

もちろん課題は残っている。中国の大手銀行は、インフラ建設プロジェクトのために地方政府に巨額の融資を行っているが、そうしたプロジェクトの多くは経済的な価値があるかどうか疑わしい。

また不動産市場がある日突然、崩壊するというリスクも存在する。ただその場合でも、中国の銀行は米英の銀行よりも回復が早いだろう。なぜなら、中国では投機的な投資の多くは現金で行われており、レバレッジは大きくないからだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?